代表メッセージ

代表メッセージ

 中倉ビジネスコンサルティング代表の中倉誠二です。
 今の社会はVUCAの時代と言われています。VUCAとは、「Volatility(変動性)」「Uncertainty(不確実性)」「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(曖昧性)」の頭文字を取った言葉で、環境が複雑化して想定外のことが次々と発生するため、将来の予測が難しい状態を指します。その一番の要因はテクノロジーの進展スピードが速くなっていることですが、それだけではなく、例えば新型コロナウイルスの発生なども一つの例と言えるでしょう。半年前には誰も予想していなかった、新型コロナウイルスの感染防止対策やテレワークへの対応が、突然求められることになりました。

 VUCAの時代には想定外のことが次々と発生しますが、そのたびに右往左往しないよう、自社の経営理念やビジョンを明確にして、経営の軸を定めておかなければなりません。その上で環境変化に適した柔軟な対応が求められますが、そのためには多種多様な経験や考え方を持つ人材が必要です。昭和時代には同質の「金太郎あめ」社員の集合体が成功パターンでしたが、これからはダイバーシティ(多様性)が企業経営の成功のカギと言われています。

 そこで、中小企業に対して外部からの異なる視点や考え方を提供し、経営課題を解決するために経営者と一緒に考えていくことが私の仕事であると考えています。私自身、子どもの頃は転勤族で全国各地に移り住み、社会人になってからは大企業サラリーマンとして社長秘書、法人営業、販売店支援、インターネット販売などの経験を積み、その一方で家庭では双子の子育てに従事しました。そしてその後、独立して東京で経営コンサルタントや研修講師として活動してきました。きっと皆様のお役に立つような、新しい視点や考え方をご提供できると自負しております。そして、環境変化に合わせて柔軟に対応していく元気な中小企業を、一社でも多く増やしたいというのが私の想いです。

 環境の変化は、デジタル化だけではありません。少子高齢化の進行による人材不足に対しては働き方改革への取り組みが有効ですし、対象市場の縮小に対しては新事業への取り組みなども有望です。幅広い経営テーマに関して個別コンサルティング、社員研修、セミナーを行っていますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

プロフィール

中倉ビジネスコンサルティング 代表、中小企業診断士

中倉 誠二Seiji Nakakura

 東北大学を卒業後、大手IT企業に入社。社長秘書、法人営業、販売店支援、インターネット販売などを経験し、管理職として活躍。その後、経営コンサルタントとして独立。

 自分自身のサラリーマン生活と双子の子育ての両立経験や14年間の管理職経験をもとに、企業の経営戦略、事業戦略、働き方改革、業務改善等に関して幅広いコンサルティング活動を展開中。

 すべての会社員が公私ともに充実した生活を送り、100年人生をイキイキと暮らしてほしいという想いで、働き方改革、イクボス推進、業務改善等に関する研修やセミナー活動も精力的に行っている。

保有資格

中小企業診断士、㈱ワーク・ライフバランス 認定上級コンサルタント、NPO法人ファザーリング・ジャパン 賛助会員、NPO法人日本子育てアドバイザー協会 認定アドバイザー、たちあらい応援大使、販売士1級、ビジネス文書検定1級、秘書検定準1級

著書
『双子を東大に入れた父が教える 頭のいい子の育て方』
『子育てでビジネススキルがアップする!』

お気軽にご相談ください!

お問い合わせ

ご依頼はこちら

ページTOP